なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

臨時打ち合わせと普光院見学

【打ち合わせ】
  • 日時 2016年8月27日(土)、14時~
  • 場所 奈良女子大学文学部N棟 N339教室
  • 参加 4名(山上・岩坂・寺岡・磯部)

事前に澤田四郎作研究のための基礎文献を読んでおいての打ち合わせ。

上記が提示しているフレームについて、澤田文庫や澤田家文書などをふまえた具体的検証がなら学研究会の課題であることを確認しました。戦後、柳田国男奈良女子大学で講演していることに驚き。学内に資料があるかしら。

その後、なら学研究会のテーマと報告者について確認。澤田や水木直箭、笹谷良造らを追っていけば柳田や折口につながっていくのは必然で、大きな山ではありますが、とても興味深い問題ですね。

f:id:narastudies:20160827214819j:plain

【見学】

研究会後、みなで普光院へ。ここには奈良一刀彫りの名人と称された森川杜園の墓や阪田購文堂の碑があります。

購文堂は明治初期に奈良で印刷や書籍を商っていた業者で、奈良の近代史においては注目しておかねばならないもののひとりです。

下図、手前が杜園の墓で、むこうにあるのが購文堂の碑。経年で彫りが浅くなり、石も崩れていて、重要な文面はほとんど読めず。。。

f:id:narastudies:20160827215803j:plain

f:id:narastudies:20160827215925j:plain

 

*1:佐藤・岩井論考ともに『柳田国男研究論集』6号(柳田国男の会、2008.6)所載。佐藤論考は同氏『柳田国男の歴史社会学―続・読書空間の近代―』(せりか書房、2015)にも掲載。出版史的にも興味深い著書です。