なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

澤田四郎作研究に関する臨時研究会

f:id:narastudies:20171119165031j:plain

パンフレット執筆者による、澤田四郎作研究の今後についての臨時打ち合わせをおこないました。

今後、研究会としてなにができるのか、なにをおこなうべきなのか。「奈良」を多面的に検証すべく、澤田のコンテクストに名前がでてくる水木直箭、高田十郎、田村吉永などの存在の重要性とアプローチについて討議しました。

彼らが表象する「奈良」は、画家や小説家たちが「奈良」を発見していくのとどう関わってくるのでしょうか。おなじ時空間にある両者の相関、ありやなしや。

澤田四郎作旧蔵資料(大阪大谷大学澤田文庫)、北村信昭コレクション(奈良大学)、東洋民族博物館や県立図書情報館などが所蔵する種々の資料群がつながったときに見えてくる風景を立体的に解明・公開すること。研究会の趣旨を再確認した3時間でもありました。