なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

プロジェクト関連の打ち合わせ(澤田四郎作研究)

f:id:narastudies:20170423075700j:plain

  • 日時:2017年4月22日(土)、15時~
  • 場所:ベセル(喫茶店)
  • 参加:磯部・岩坂・樽井・寺岡・山上

全学一斉停電のため、猫雑貨ベセルさん(喫茶店のほう)で打ち合わせ。生ジュースが美味なのであった。

奈良女子大学研究推進プロジェクトの成果のひとつとして澤田四郎作に関するパンフレットを作成する予定でいるが、今回はその構成と内容を話しあいました。

印刷して配布するほか、本ウェブサイトでもPDFでダウンロードできるようにする予定です。

【もくじ】『五倍子雑筆』1〜13号(澤田四郎作私家版)

  • 第1号(昭和9年7月)
    • もくじ 
    • 【参考】「初夏御伺」
    • 【参考】小序
  • 第2号(昭和10年1月)
    • もくじ
    • 【参考】緒言
  • 第3号(昭和10年8月)
    • もくじ
    • 【参考】緒言
  • 第4・5号(昭和11年7月)
    • もくじ
    • 【参考】「民俗資料」
  • 第6号(昭和13年1月)
    • もくじ
  • 第7号『飛騨採訪日誌』(昭和13年5月)
    • もくじ
    • 【参考】後記
  • 第8号『続飛騨採訪日誌』(昭和14年1月)
    • もくじ
  • 第9号『手向草』(昭和14年6月)
    • もくじ
    • 【参考】後記
  • 第10号『うつしばな』(昭和18年8月)
    • もくじ
  • 第11号『異国より帰りて』(昭和24年11月)
    • もくじ
  • 第12号『熊岳城温泉付近遺跡の研究』(昭和26年1月)
    • もくじ
  • 第13号『シベリヤ日記』(昭和29年10月)
    • もくじ

表紙は山口草平筆。

続きを読む

【もくじ】澤田四郎作『ふるさと』(私家版、昭和6年2月)

  • もくじ
  • 【参考】自序
  • 【参考】後記

 奥付は次のとおり。

昭和六年二月十五日印刷/昭和六年二月二十日発行/非売品/編者 澤田四郎作/印刷兼発行者 東京市外西巣鴨庚申塚三二〇 澤田四郎作/印刷所 東京市外蒲田 株式会社三省堂蒲田工場

柳田國男が序文を寄せいているが、この前に「澤田四郎作編 ふるさと方言補遺」(14p)を付した別本が存する。奥付等に違いはない。柳田序文「小序」は『退読書歴』(書物展望社1933)に収録されている。『柳田國男全集』7巻(筑摩書房1998p.269)、『定本柳田國男集』23巻(筑摩書房1964p.68)にも収載。

参考として、澤田四郎作自序および後記を付す。後記署名「贄川虔太郎」は、『五倍子遺歌集 面影』によれば「故日夏耿之介より頂」いたものとのこと。なお、『五倍子遺歌集』は澤田四郎作歿後に後妻の幸が発行した書物1977年)。

続きを読む

【もくじ】澤田四郎作『無花果』(坂本書店、大正15年12月)

  • もくじ
  • 【参考】序文

「性の表徴叢書」第一部として刊行。これについては下記序文参照。またおなじく序文によれば、本書は坂本書店の「閑話叢書」の一冊として刊行するはずであったというが、南方熊楠佐々木喜善らの著書がこの叢書のうちにある。

  「閑話叢書」刊行について

所謂玄人側の文芸ものにはもう飽きた、それかと云つて堅くるしい論説では胸がつかへる——といふ人々の為めに、この叢書をすゝめます。

 一、土俗・民譚・伝説

 二、逸事・奇聞・巷説

 三、懐古談・旧事談・趣味談

 四、肩の凝らない考証もの

 五、すつきりしたエロチツクな話

これが此の叢書編纂の目標です。この書によつて、やゝもすれば忘れられようとする心のふるさとを、静かにふりかへつて見ようではありませんか。

〔1〕南方閑話  南方熊楠

〔2〕土俗私考  中山太郎

〔3〕東奥異聞  佐々木喜善

〔4〕長崎丸山噺 本山桂川

〔5〕武相考古  石野瑛

〔6〕江戸伝説  佐藤隆

〔7〕民俗叢噺  谷川磐雄

〔8〕海島風趣  本山桂川

編輯者 本山桂川

発行所 東京市神田区表神保町拾番地

     坂本書店

      振替東京四七五三五番 

 なお、磯部所蔵『無花果』には「発禁本」の朱印が押捺されている。

続きを読む

【もくじ】澤田四郎作『大和昔譚』(私家版、昭和6年10月)

  • もくじ
  • 【参考】自序

奥付は次のとおり。

昭和六年十月廿五日印刷/昭和六年十月廿九日発行/〔非売品〕/編輯発行者 大阪市西成区玉出本通一丁目十二番地 澤田四郎作/印刷者 奈良市般若寺町廿一番地 八田徳治郎/印刷所 奈良市般若寺町廿二番地 奈良文化学会印刷部 電一、一〇四番

菊判くるみ装。「祖母満八周年忌記念」の一書。内題「大和昔譚/医学博士 澤田四郎作」。参考として澤田四郎作自序も掲載する。

続きを読む

【もくじ】澤田四郎作『山でのことを忘れたか』(創元社、昭和44)

昭和4411月刊。著者兼発行者は澤田四郎作、出版元は創元社。書名「山でのことを忘れたか」は、同書に収められた論文のタイトル。

  • はじめに
  • もくじ
続きを読む

【もくじ】『澤田四郎作博士記念 民俗学論叢』(昭和47)

  • はじめに
  • もくじ

昭和47年5月、沢田四郎作先生を偲ぶ会発行。編集は奥村隆彦・原泰根。

澤田四郎作は昭和46年5月18日歿(享年71)。偲ぶ会の発起人は、岩切彰・大江美ヤ子・大藤時彦後藤捷一・柴田実・高谷重夫・松井佳一・水木直箭・宮本常一。同書「はじめに」を以下に引用する。

続きを読む