なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

澤田四郎作研究記事一覧

リンクのないものは現在作成中です。

  1. 澤田四郎作年譜・著述等目録(なら学研究会、プロジェクト成果報告)
  2. 『「知」の結節点で 澤田四郎作 人・郷土・学問』(研究パンフレット)
【史料と論考】(リンク先よりダウンロードできます)
  1. 磯部敦・三浦実加「翻刻 澤田四郎作『日誌』(大正15年10月〜昭和2年4月)」(『なら学研究報告』5、奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所なら学研究センター、2020.12)
  2. 磯部敦・汪少雯・小泉紀乃「翻刻 澤田四郎作『日誌』(昭和8年分)」(『なら学研究報告』1、奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所なら学研究センター、2019.5)
  3. 磯部敦・三浦実加「翻刻 澤田四郎作『日誌』(昭和9年分)」(『なら学研究報告』3、奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所なら学研究センター、2020.8)
  4. 磯部敦・汪少雯・小泉紀乃「澤田四郎作『日誌』における「記録」の累積と循環」(『叙説』47、奈良女子大学日本アジア言語文化学会、2020.3)

        ※ 上記1〜3の翻刻につきましては、以下の正誤表もあわせて参照されたい。

【単行本目次】
  1. 『日本生殖器崇拝概論』(私家版、1922/大正11)
  2. 『無花果』(坂本書店、1926/大正15)
  3. 『ふるさと』(私家版、1931/昭和6)
  4. 『大和昔譚』(私家版、1931/昭和6)
  5. 『柳田國男先生』(澤田四郎作編・近畿民俗学会発行、1962/昭和37)
  6. 『晴雨日記調』(私家版、1967/昭和42)
  7. 『山でのことを忘れたか』(創元社、1969/昭和44)
【雑誌目次】
  1. 『Phallus Kultus』1〜15(私家版、1924/大正13.4〜1926/大正15.7)
  2. 『五倍子雑筆』4〜24現存(写本、1927/昭和2.2〜1935/昭和10頃か)
  3. 『五倍子雑筆』1〜13(私家版、1934/昭和9.7〜1954/昭和29.10)
【その他】
  1. 博士論文「緑膿菌の色素産出に関する研究」(東京帝国大学、医学博士、1931/昭和6)
  2. 『育児と民俗』(抜き刷り、1963/昭和38)
  3. 『澤田四郎作博士記念文集』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  4. 『澤田四郎作博士記念 民俗学論叢』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  5. 『五倍子遺歌集 面影』(澤田幸、1977/昭和52)

【31】いかにして〈なら学文献〉を料理するか——研究アプローチと課題

第31回なら学研究会が2月20日にオンラインで行なわれた。参加者10名。

今回は、本学准教授でなら学研究センターの研究員でもある磯部敦氏が「いかにして〈なら学文献〉を料理するか:研究アプローチと課題」と題して語った。

最近、磯部氏は、近代以降の奈良県内にあった印刷所・出版会(者)を調査しまとめた大部の報告書『近代奈良県書物文化環境一覧』(なら学研究報告として公開中)を公刊された。

磯部敦「近代奈良県書物文化環境一覧」(『なら学研究報告』4号、2020年9月)
https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/TD00275412

こうした広い視野から、主として以下の3点について話題が提供された。

  1. なら学研究会がメインテーマのひとつに掲げている澤田四郎作文献についての研究の進捗状況と見えてきた課題
  2. 奈良女子大学名誉教授横田俊一旧蔵書籍群と「なら学」的課
  3. 最近の入手資料から浮かび挙がる「なら学」的課題

テーマごとに、これまでに本研究会で公刊されてきた資料(多くは『なら学研究報告』として本学レポジトリで公開)を振り返るかたちとなり、それは本研究会の近年の作業を振り返る経験ともなった。

またとくに新たに着目された横田俊一氏については、短歌をめぐる人的ネットワークの存在感が参加者に強く認識された。当日は、複数の近代短歌研究者の方、現代史研究者、そして実際に大和で短歌誌を出してこられた方などが出席され、非常に内容の濃い会となった。したがって新たに提供された情報や知見も多かった。例えば、奈良の歌人と大阪の歌人文化人とのつながりの深さ、さらに大阪を通した阪神間文化人とのつながりなどがその一例である。こうしたネットワークの在り方は、本研究会がこれまで資料調査や研究を進めてきた澤田四郎作の立ち位置ともオーバラップする。

上記の他にも、磯部氏が最近入手された奈良県内発行の文化誌や史料が紹介された。そして澤田を含めたこうした史料の活用やネットワークの研究を、ゆるやかな共同のなかで進める時期にきている、という提案が、最後に磯部氏からなされた。

以上、これまでの研究の回顧とこれからの研究の展望の両方について大きな刺激を受けた一日であった。

第31回なら学研究会のご案内

 奈良・大和の郷土研究のネットワークを研究・再評価する「なら学研究会」。今回は、本学准教授磯部敦氏に、「いかにして〈なら学文献〉を料理するか:研究アプローチと課題」と題して話題提供いただきます。

  • 講師:磯部敦(本学准教授)
  • テーマ:いかにして〈なら学文献〉を料理するか:研究アプローチと課題
  • 日時:2021年2月20日 午後2時~4時まで(終了時刻は予定)
  • 開催方法:zoomによるオンライン開催
  • 参加費:無料

 内容は以下のとおりです。

  1. なら学研究会がメインテーマのひとつに掲げている澤田四郎作文献についての、研究の進捗状況と見えてきた課題。
  2. 奈良女子大学名誉教授横田俊一旧蔵書籍群と「なら学」的課題。
  3. 最近の入手資料から浮かび挙がる「なら学」的課題。

 最近、磯部氏は、近代以降の奈良県内にあった印刷所・出版会(者)を調査しまとめた大部の報告書『近代奈良県書物文化環境一覧』を公刊されました(科研費「出版流通史分析による近代奈良県の書物文化環境の解明」成果)。こうした広い視野から、上記のテーマについて、資料紹介と課題呈示を行なっていただく予定です。

■ 主催:大和紀伊半島学研究所なら学研究センター
■ 共催:奈良女子大学文学部なら学プロジェクト
■ 問い合わせ先:narastudy*cc.nara-wu.ac.jp (*を@に変えて送信してください。)

【30】近世奈良町木辻遊廓の歩み

  • 題目:近世奈良町木辻遊廓の歩み
  • 講師:井岡康時(奈良大学教授)
  • 日時:2020年10月25日(日)14:00〜16:00
  • 開催:zoomによるオンライン開催
  • 参加:13名

前回に引き続いてオンライン開催。画面越しに見、聞き、話すことにも慣れてきたころで、違和感なく楽しむことができた。

報告では、下記井岡論文をふまえ、かつ資料にもとづきながら木辻遊廓の歴史を概観し、その後、参加者の興味関心に沿っての質疑応答となった。

興味深かったのは、木辻が崖上にあるという立地。同町の上、鳴川町はその名のとおり川が流れており——といっても小さな川で、このあたりについては橋本都耶子「鳴川の道」を参照——、京終から橋本町までの直進する途中にあるにもかかわらず、こうした環境が自然の堀「境目」と機能していたのではないかとのことであった。

この周辺に中将姫伝承が多いのはなぜかという質問も出た。答えは出ず、さまざまな意見が交わされたが、このあたりもまた考えていきたいところである。

研究会終了後、東木辻町を散策した。これまで何度か歩いたところではあったが、研究会後とあって、これまでと見える風景も異なっていた。写真がなぜかアップできなかったので、参考までに磯部(研究会メンバー)がSNSに投稿したものをご覧くだされ。

 

第30回なら学研究会のご案内

第30回なら学研究会を開催します。

今回は、「近世奈良町の木辻遊廓」についてです。近世奈良町を考える際に大きな存在感があるはずの木辻遊廓の研究は決して多くなく、資料の渉猟も十分であるか議論の分かれるところです。そこで今回は2011年に近世木辻遊廓の研究について論文を出された井岡先生に、その概要やその後の研究展開についてお話を伺います。

  • 題目:近世奈良町木辻遊廓の歩み

  • 日時:2020年10月25日(日)14:00〜16:00(予定)

  • 実施方法:zoomによるオンライン開催

 

  • 講師:井岡康時氏奈良大学教授)
       ご専門は日本近現代史被差別部落史、地域史

  • 業績:
    ■共著 千田稔編『三宅のあゆみ』(2007年)、川西町史
    編集委員会編『川西町史』(2004年)、広陵町編集委員会編『広陵町史』(2001年)水平社博物館編『新版 水平社の源流』(解放出版社、2002年)など。
    ■論文 「奔走する今村忠次―明治維新と地域の再編」(2018年)、「1950年代の被差別部落をめぐる状況と政策形成―奈良県を事例に―」(2016年)、「近世近代移行期における山城国綴喜郡松原村の変容とその背景」(2013年)「奈良町木辻遊廓史試論」(2011年)など多数。

【参加方法】

参加希望者は10月22日17時までにメールでお知らせください。追って、zoom会議の招待URLをメールでお送りします。

  • mail:narastudy★cc.nara-wu.ac.jp
      (★を@に変えたうえで送信してください)
  • 参加費無料
【注意事項】(必ずお読みください)
  • 定員を30名に限定させていただきます。
  • 遠隔会議ソフトの利用説明はいたしかねます。
  • また研究会に関するメールのやりとり、通信上のトラブルなどについての責任は負いかねます。あらかじめご了承の上、お申し込みください。
  • 参加者は各自のカメラ画面をオンにしていただく必要はありません。
  • 会議で提示された資料・画像等の利用、他者との共有・公開は禁止です。

 

【主催】

なら学勉強会

  • 【講師】鈴木元子(編集者)
  • 【演題】『ならら』編集の日々を振り返って

 

  • 【日時】2020年9月20日(日)14時〜
  • 【形態】オンライン(zoom)
  • 【参加】5名

『月刊大和路ならら』の元編集長である鈴木元子氏をお招きして、内々の勉強会を開催しました。同誌には奈良女子大学なら学研究センターの「続・続・大学的ならガイド」を連載しており、本学教員は鈴木さん——と「さん」付けで呼ばせてもらいます——に少なからずお世話になっています。

2005年12月に奈良に来て約14年にわたって同誌の編集長をつとめてきた鈴木さん(来寧以前は、なんと、エジプト学で有名なW大学のY教授の秘書をされていたそうです)。ご出身が静岡県ということで奈良に地縁はなく、修二会が大好き!というブレない柱を軸に編集されてきたそうです。

当初はなかなか質問にも答えてもらえず、いわば「値踏み」されていたわけですが、地道な下調べとユニークな発想とで次第に応答も活発になってきたそうです。

同誌は奈良県観光連盟による「第一回奈良県観光PR大賞」(2000年)最優秀賞を受賞しており、すでに地域で認められた媒体でしたが、その後、日本フリーペーパー大賞2013の観光誘致部門で最優秀賞を、日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014の有料誌部門で優秀賞を、同2015で観光庁長官賞優秀賞をそれぞれ受賞するにいたりますが、「奈良発信の全国誌」たるべく編集体制や雑誌デザインを少しずつ変えていった鈴木さんらスタッフの尽力が背後にあったわけです。

毎号の特集も趣向を凝らし、お水取りや御祭などの年中行事はどうしても定型的になってしまうところを毎号ユニークな角度からアプローチし(大和士や御仮殿など)、常に読者の「奈良を知りたい」欲求を満たしてくれてましたが、東京では毎号平均して売れるのに対し、関西では特集によってばらつきがあったそうです。鈴木さんは「奈良に対するロマン的あこがれもあって、知識に対するどん欲さがあったのではないか」と仰っていましたが、近代「奈良」表象を考えるうえでも、そしてそれが現在まで地続きであるという点においても、現場の体験をふまえた説得力のある重要な指摘でしょう。ちなみに、そんな東京も含めて全国的に反応が悪かったのが、2012年7月号、九十九黄人(豊勝)に焦点をあてた「愛すべきエロじじい」特集だったそうで。。。性風俗史やそれにまつわる民具類などは、いわゆる「奈良」イメージにはなかったものかもしれませんが、実は九十九(つくも)、近代奈良県、ひいては関西圏の「郷土史研究」には欠かせない重要人物。なら学研究会が研究テーマのひとつとしている澤田四郎作とも親交がありました。

講義の終わりに、鈴木さんはご自身の編集態度を総括して、「常にストレンジャーでありたい」と仰いました。鈴木さんご自身が出自的に「ストレンジャー」でもあるわけですが、加えて、常に意識して外からの目を持っていたいということでしょう。かくいう私(磯部)も新潟に生まれ、いま奈良にいるわけですが、近代奈良県を研究するにあたってもっとも意識しているのが、この「外からの目」だったりします。この指摘はとても共感できるもので、何度も何度もうなずいた次第。

と、書けるのはここまで。本講義では、取材過程で出会った方々のあれやこれや、あんな場所のこんなところ、などなど、なかなか公開しづらいことなどもお話いただきました(これを読んでいただいた方、すみません!)。内々の勉強会した所以でございます。。。

【29】春日神鹿保護会の記録・組織・活動-鹿の保護活動とその当事者たちの分析-

f:id:narastudies:20200904094228j:plain

報告資料タイトルスライド
  • 日 時 2020年8月23日(日)14:00〜16:30
  • 方 法 zoom によるオンライン開催
  • 参加者 9名

講師紹介

東城義則氏(立命館大学客員研究員・民俗学

現在、立命館大学客員研究員、京都外国語大学非常勤講師など。産学連携や地域連携、文化財調査等の事業に従事しつつ、狩猟や畜産、動物保護活動など、主に動物に関わる生業・職業・産業の当事者たちの活動実践や思想の研究をテーマとする。

開催要旨

明治期以降の奈良における鹿の保護活動や保護管理については、研究者や知識人、行政職員、神職等による地域史研究や『奈良公園史』『奈良市史』に代表される行政機関による調査研究、生息地管理や保護管理方法の考案を視野に行われてきた文理横断型の調査研究により、これまで多くの事象や出来事が明らかにされ、現在も各テーマに沿った研究が進められている。このような脈絡により貴重な研究成果が多数蓄積されてきた一方で、用いられてきた資料の制約や顕在化した出来事への着眼により、鹿の保護団体や鹿の保護に携わった人びと、総じて日々の鹿の保護活動に従事してきた当事者たちの取り組みについては十分な把握が行われてこなかった。そこで今回の報告では、近年の資料調査や実地踏査の成果をふまえ、主に明治期から昭和初期にかけて鹿の保護に取り組んできた春日神鹿保護会の組織と活動を紹介する。そのうえで、当時から現在へと通じる鹿の保護活動の論理について簡単な整理と考察を行う。

講義内容

  • 奈良の鹿をめぐっては、人文科学(歴史学、地理学、民俗学など)、社会科学(法学、社会学など)、自然科学(動物学など)など多方面から研究がなされている。
  • これらの重なりあった中心にあるのが行政・保護団体・神社であり、そことの情報交換をとおして、奈良における人と鹿とについての諸研究は進められている。
  • 有形の研究資料としては、個人や諸機関が所蔵する「土産品資料」「写真資料」「諸記資料」が伝わっている。
  • この報告では、奈良の鹿愛護会が所蔵する「記録資料」をとおして見えてくる、同会の前身である春日神鹿保護会の組織と活動についての紹介する。

f:id:narastudies:20200904094618j:plain

報告資料より、「現状の把握」
  • 鹿の死亡原因の調査、施設に収容した鹿のための飼料収集、鹿害(獣害)の協議と対策なども往時からおこなわれていた。
  • 組織としては役員に神職や公吏、農会などの利害関係者が担うとともに、会員は各町総代らの加入を前提としていた。
  • のちに保護と対策を料理するため組織の拡大をしていくが、これは組織財政の安定化をも図っておこなわれた。

f:id:narastudies:20200904094717j:plain

質疑応答でも話題となった鹿の角きりに関わる絵葉書や出版物