なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

澤田四郎作研究記事一覧

リンクのないものは現在作成中です。

  1. 澤田四郎作年譜・著述等目録(なら学研究会、プロジェクト成果報告)
  2. 『「知」の結節点で 澤田四郎作 人・郷土・学問』(研究パンフレット)
【単行本目次】
  1. 『日本生殖器崇拝概論』(私家版、1922/大正11)
  2. 『無花果』(坂本書店、1926/大正15)
  3. 『ふるさと』(私家版、1931/昭和6)
  4. 『大和昔譚』(私家版、1931/昭和6)
  5. 『柳田國男先生』(澤田四郎作編・近畿民俗学会発行、1962/昭和37)
  6. 『晴雨日記調』(私家版、1967/昭和42)
  7. 『山でのことを忘れたか』(創元社、1969/昭和44)
【雑誌目次】
  1. 『Phallus Kultus』1〜15(私家版、1924/大正13.4〜1926/大正15.7)
  2. 『五倍子雑筆』4〜24現存(写本、1927/昭和2.2〜1935/昭和10頃か)
  3. 『五倍子雑筆』1〜13(私家版、1934/昭和9.7〜1954/昭和29.10)
【その他】
  1. 博士論文「緑膿菌の色素産出に関する研究」(東京帝国大学、医学博士、1931/昭和6)
  2. 『育児と民俗』(抜き刷り、1963/昭和38)
  3. 『澤田四郎作博士記念文集』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  4. 『澤田四郎作博士記念 民俗学論叢』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  5. 『五倍子遺歌集 面影』(澤田幸、1977/昭和52)

【26】田原でなら学——田原青年層の地域活動と昭和期青年団資料——

f:id:narastudies:20190616185044j:plain

講師の西久保繁己氏
  • 講師:西久保繁己氏(元奈良市図書館長・田原公民館主任)
  • 日時:2019年6月16日(日)14時〜16時
  • 会場:奈良市田原公民館講座室
  • 参加:5名
開催文
 参加記

かつて「優良村」として知られていた奈良市田原地区の特徴を、福西信幸「田原を訪ねて」はこう指摘している。

二宮金次郎で有名な報徳会の機関誌『斯民』は優良村田原について次のように記しています。「歴代の村長は何れも熱心で、その期間敢えて長期に渉った人はいないけれども、要するに誰でなくては治まらぬと云うこともなく又他を排して任に就こうとする野心家もない。推されて任に就くや精勤事に当たり……事なるや他に譲りて交代任に当たるの習慣がある。この点他の優良村と著しく趣を異にしている」と。このように、他の模範村が概して特定の「名村長」の個人的力量によって組織・維持されていたのに対して、田原では村内に設けられていた種々の経済団体、地域団体、社会教育団体などが大きな役割を果たしていたのであり、これらの諸団体の自律的で活発な活動と相互協力が原動力であり、優良村としての田原の歩みはそれらに何らかの形で参加していた愛郷心に富み、理想の村建設の意欲に満ちた村民のたゆまぬ営為によって、内部から深く支えられていたのでありました。*1

今回は、田原を支えていた「たゆまぬ営為」の一つとしての青年団に注目し、その歴史と意義を西久保氏にお話いただいた。西久保氏ご自身も地域公民館活動の一端として『田原のくらし』を編み、各種イベントをとおして青年団と関わってきた経験をお持ちだが、お話から見えてきたのは、青年団の、各人の自発性で支えられた組織力と行動力であった。今回、機関誌『月刊田原』を初めて見ることができたが、村政、修養、文芸といった内容に加えて編集や印刷、配布といった側面と、それが長きにわたっておこなわれてきたことを思うにつけ、村内の青年たちに受けつがれてきたであろう「精神」なるもの——上記の福西氏はそれを「愛郷心」と「意欲」と見、西久保氏もおなじことを仰っていたが——があったのだろうかと思う。その涵養と継承とにこの機関誌は大きく与っていただろうし、それがまた「精神」を培っていくというサイクルを思うのである。

f:id:narastudies:20190616193308j:plain

『月刊田原』をはじめ、『東和新報』『神野百姓』など珍しい新聞も。

 『月刊田原』は青年団『団報』や村農会『会報』、処女会会報などが統合されたものであるが、そうした成立前史に位置づけられる各誌、および『月刊田原』と同時並行で流通していた各紙誌が残っていた。また、奈良市内での印刷や広告から外部とのつながりも見えて来、田原という地区を内外から多角的に検証しうる格好の資料群であった。

*1:福西信幸「田原を訪ねて」、『田原のくらし—語りつごう私たちの文化—』第2集、奈良市立田原公民館、1988年3月、p.73。

第26回なら学研究会のご案内

「田原でなら学」―田原青年層の地域活動と昭和期青年団資料-

奈良・大和に関する郷土研究や郷土誌家を回顧・再評価する「なら学研究会」を開催します。

今回は、奈良市の東部山間の「田原(たわら)」地区を訪問します。昭和初期の地方改良運動の進展のなかで、昭和初期の日本を代表する「優良村」であった添上郡俵村(現奈良市田原地区)。その伝統をベースにして活発に活動を行ってきた青年団など、地元青年層による地域活動を中心に、市街地近郊農村である田原地区の風土と文化及び残された資料を探訪します。

  • 日時:6月16日(日) 13:30~15:30(予定) *開場は13:00
  • 場所:奈良市田原公民館 講座室(奈良市茗荷町1078-1 · 0742-81-0888)

 * 現地集合・現地解散となります。ご注意ください。

内容
  • 田原の青年層の地域活動について報告(報告者:西久保繁己氏 元奈良市図書館長・田原公民館主任)
  • 青年団機関紙『月刊田原』の紹介 *実物を拝見します
参加者募集!

定員12名。参加希望者は下記アドレスにメールで申し込んでください。

  • narastudy*cc.nara-wu.ac.jp(*に@を挿入)
  • メールタイトル:26なら学研究会申し込み
  • メール本文:第26回なら学研究会への参加申し込みのこと、住所・氏名・連絡先(当日もチェック可能なもの)
  • 複数参加希望の場合には参加人数

なお、6月14日をもって、また定員に達した場合はそれ以前に締め切らせていただきます。

備考
  • 会場近辺には食堂がありません。昼食は各自お済ませください。
  • 奈良交通バスで来られる場合には、奈良市内10時台発のバス(北野行き)しかありません。
  • 田原公民館周辺は「自由乗降区間」のため、乗車の際に運転手に田原公民館で下車する旨伝えてください。
  • 帰りは18時台に田原公民館前を通過するバスまでありません。バスがきたら挙手してバスを停車させ、乗車してください。「茗荷みょうが」バス停からも徒歩数分です。詳しくは奈良交通バスのホームページでご確認ください。

なら学勉強会を開催しました

f:id:narastudies:20190519171131j:plain

  • 講師:奥村隆彦(近畿民俗学会名誉会員)
  • 日時:2019年5月19日 14時〜、於奈良女子大学文学部N339教室
  • 出席:6名

小児科医でもあり民俗学者でもある奥村隆彦先生にお越しいただき、ご自身のご研究、民俗学と医学の相関、近畿民俗学会、そして奥村先生の知る澤田四郎作についてお話いただきました。

1927年(昭和2年)お生まれの先生は、本年で御年92。鮮明かつ整然としたお話で、とあるエピソードが今から見れば民俗学研究史の転換点にあたるできごとであったことなど興味深くうかがいました。

また、こんにちの学会/学界に対する批判も思い当たるところ多々あり、いかなる場としてあるべきか、いかなる機能を担っていた/いくかなど参加者とともに議論しながらの、あっという間の2時間でした。

【1】なら学研究報告1号

以下のURLよりダウンロードしてお読みください。

『なら学研究報告』1号(奈良女子大学なら学研究センター、2019.5)

【0】『なら学研究報告』を創刊しました

このたび、奈良女子大学なら学研究センターでは紀要『なら学研究報告』(Journal of NARA Studies)を創刊しました。「なら学」に関する研究論文や資料紹介、書評などを掲載していきます。

奈良女子大学には部局ごとに紀要を発行していますが、そのなかで『なら学研究報告』は以下のような特徴を持っています。

  1. 字数の上限を設定しない。
  2. 締切を設定しない。
  3. 1号1論文の不定期刊行。
  4. ウェブジャーナル形式とし、紙媒体は発行しない。

(1)は、大部の構想や大部の資料を1号のなかで掲載することを可能にするための措置です。(2)は、締切があるから論文が書けるという部分は認めつつも、(1)を納得のいくかたちで提出してほしいという思いからの措置です。(1)と(2)によって論文間のアンバランスが発生しますが、1号1論文とすることでそこをクリア。刊行時期を固定しないことで提出ごとに作業に入ることができる、フットワークの軽い媒体としました。これによって、締切や入稿直前の、編集委員会による執筆者への連絡や調整という業務負担も減りましたし、縦組・横組の指定フォーマットにのっとって執筆者にリポジトリへの入稿原稿を作成してもらうことで、外注負担もなくしました。むろん、編集委員会による校正・校閲はおこないますが。これらをふまえ、『なら学研究報告』はウェブオンリーのジャーナルとし、紙媒体を作製しないことにしたのです。

なぜ、いま、創刊したのか。

それはひとえに基礎研究や基礎データをきちんと提示・共有するためです。なんらかの発想や応用は基礎データから始まるわけですし、その後の議論の重要な土台となるものです。基礎研究なくして学知は成立しません。また、史資料の保管・提示・研究状況に地域差はありますが、県主導による『県史』が発行されていない本県にあって、基礎的な史資料の調査、翻刻、検証と、それを提示して共有できる媒体は必須です。

本誌は誌名のとおり、文理を問わず、「なら学」に関するあらゆる論考や史資料が載ることになります。リポジトリへのアップロードの際は、なら学研究センターやなら学研究会のホームページで告知していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【25】中井精一:奈良県東部方言の現在

【開催文】
 【参加記】

奈良の方言学は民俗学と同様、研究蓄積が少ないといわれる。冒頭で中井氏は奈良県国語学・方言研究の歴史を整理してくださった。

f:id:narastudies:20190301102257j:plain

奈良県の言葉は大きくは近畿圏の方言に含まれるが、県の南部、十津川村上北山村下北山村は東京アクセントという大きな特徴をもつ。また今回とくにお話いただいた奈良県東部(山添村、都祁地域など)は、東海地方とも隣接する興味深い地域である。

中井氏は天理大学が40年前に行った東部地域の方言調査とこれまで氏が精力的に行われてきた同地域での調査結果とを対照させつつ、奈良県東部方言の現在を語ってくださった。

まず本報告で一つの流れとして確認されたのは、大阪方言の進出である。例えば、「モノモライ」を盆地部ではすでに「メバチコ」という大阪方言を用いている人々が大半である。にもかかわらず、東部地域では「メボ」「メンボ」と言う奈良方言が根強く使用されているのである。

大阪の言葉を都祁や山添などの東部地域が「くい止め」、三重県の上野方面への「東進」を防いできたこと。そこには自地域の文化や伝統を守ろうという東部地域の人々の強い自覚が存在するのではないか、と中井氏は語った。言葉・民俗・歴史などとの総合的な調査研究の重要性をあらためて意識させられた。

このように、学術的な深い問いを含みながらも、おもしろい事例をふんだんに交えてわかりやすく説明くださる中井先生の話に一同引き込まれ、あっという間に1時間半がすぎた。

今回も、本学職員(元職員さん)含め多彩な立場、分野の方が参加くださり、中井氏の話を共通項として楽しい議論の輪が広がっていった。たとえば「墓で倒れると猫になる」という言い伝えが山添村にあるが、その広がりの範囲や意味合いはという問いがある出席者から出された。さっそく民俗学を専門とする別の出席者などから様々な見解が出され議論は広がっていった。山添や都祁の方が3名もお越しくださったことでいっそう話は盛り上がり、話者の紹介、調査の提案なども参加者から行われ「地元学」という言葉の意義を実感した時間であった。

f:id:narastudies:20190301102238j:plain

また、今回報告者や参加者から出されたことは、たんに「奈良」という一地方の話に止まらないものが多数含まれていたことも繰り返し銘記しておきたい。たとえば近年の「自分の地域の言葉」という感覚をもたない人の増加、また情報化や流動性が高まった現代に新しい方言がいかに生まれるか、といった問いはこれから全国各地であらためて問われて良い問いではないだろうか。 

f:id:narastudies:20190301102231j:plain

中井研究室(富山大学)製作「奈良県方言」クリアファイル。「富山県方言」版もある。