なら学研究会

奈良女子大学文学部「なら学プロジェクト」のワーキンググループ「なら学研究会」の活動報告。奈良の研究史・研究者の回顧・再評価をおこなっています。

澤田四郎作研究記事一覧

リンクのないものは現在作成中です。

  1. 澤田四郎作年譜・著述等目録(なら学研究会、プロジェクト成果報告)
  2. 『「知」の結節点で 澤田四郎作 人・郷土・学問』(研究パンフレット)
【単行本目次】
  1. 『日本生殖器崇拝概論』(私家版、1922/大正11)
  2. 『無花果』(私家版、1926/大正15)
  3. 『ふるさと』(私家版、1931/昭和6)
  4. 『大和昔譚』(私家版、1931/昭和6)
  5. 『山でのことを忘れたか』(創元社、1969/昭和44)
【雑誌目次】
  1. 『Phallus Kultus』1〜15(私家版、1924/大正13.4〜1926/大正15.7)
  2. 『五倍子雑筆』4〜24現存(写本、1927/昭和2.2〜1935/昭和10頃か)
  3. 『五倍子雑筆』1〜13(私家版、1934/昭和9.7〜1954/昭和29.10)
【その他】
  1. 博士論文「緑膿菌の色素産出に関する研究」(東京帝国大学、医学博士、1931/昭和6)
  2. 『澤田四郎作博士記念文集』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  3. 『澤田四郎作博士記念 民俗学論叢』(澤田四郎作先生を偲ぶ会、1972/昭和47)
  4. 『五倍子遺歌集 面影』(澤田幸、1977/昭和52)

【18】松田度:岸田日出男の遺したもの_大淀町岸田家所蔵資料から

f:id:narastudies:20170730170323j:plain

平成29年度第1回なら学談話会・第18回なら学研究会

【講師】松田度氏(研究グループ「吉野の会」代表・奈良県大淀町教育委員会学芸員

【演題】岸田日出男の遺したもの_大淀町岸田家所蔵資料から

会場等

【日時】2017年7月30日(日)14:00〜

【会場】N339教室(奈良女子大学文学系N棟3階)

【参加】20名

開催文

地域の方と「奈良」についての学びを深める、なら学談話会を開催します。

奈良・大和研究、研究者の回顧・再評価をおこなっている、なら学研究会を兼ねて実施します。

今回は吉野熊野国立公園の指定に尽力し、各地の民俗調査を行った岸田日出男(1890-1959)についてです。

近年、存在の知られることとなった岸田氏の旧蔵資料類(貴重な映像を含む)について、その整理・検討にあたっておられる松田度氏にお越しいただき、資料から伺われる岸田日出男についてお話いただきます。

参加記

岸田日出男のことは『吉野風土記』や澤田四郎作の関係で名前は知っていたけれど、彼の知的背景をうかがい知れる貴重な旧蔵資料が遺っているのは、初めて知りました。

整理・検討をはじめたところとのことで詳細はこれからということですが、吉野や奈良を多角的に検証する可能性を秘めているということで、研究の進展がとても待ち望まれるところです。

今回は大正11年(1922)の「吉野群峰」(内務省衛生局)や昭和12年(1937)ころの「熊野路」(鉄道省)など、貴重な記録映画フィルムを見ることができました。時期は違うけれども、あの『吉野葛』の同時代世界をこの目で見られるとは。。。感動。冒頭の画像、紋付きを羽織っている剃髪の御仁は、大台教会を開設した古川嵩だそうで。。。すごいな。

こうした記録フィルムは可燃性なのだそうで然るべきところで適切に保存しなければならないだけれど、奈良県内にその然るべきところがないのだという。また、簡易デジタルではなく、よりクリアな画像となると越えるべき課題は多いのだそう。今回は、そうしたノウハウについての議論も交わされましたが、デジタル化→現物廃棄という短絡的な意見が跋扈するなか、資料保存がその資料の価値をきちんと見さだめ、それを後世にどう托していくのかという「覚悟」と表裏にあることを、あらためて痛感しました。

f:id:narastudies:20170730170315j:plain

f:id:narastudies:20170730170319j:plain

 

 

澤田四郎作研究パンフレットの公開

研究パンフレットを公開します。以下よりダウンロードしてご覧ください。

『「知」の結節点で 澤田四郎作 人・郷土・学問』(PDF)

昨年度のプロジェクト経費で調査・撮影した資料をもとに、澤田四郎作の基礎データをまとめたものです。澤田の学問の特質などの内容分析はもちろん、研究カードなど未調査の資料も多々ありますが、研究の始まりとしてのパンフレットという位置づけです。

冊子媒体での発行は予算との兼ね合いになりますので、まずはウェブ上での公開です。

お気づきの点などがあれば、ご教示くださいますよう、お願いいたします。

大阪大谷大学にDVD(澤田文庫画像データ)納品

f:id:narastudies:20170616100901j:plain

プロジェクト経費を使用して撮影した澤田文庫所蔵史料画像のDVDを、大阪大谷大学図書館に納品してきました。ついでに、パンフレット用に書庫内澤田文庫のようすと、澤田四郎作のカードボックスを撮影させていただきました。

大阪大谷大学図書館のご配慮に感謝いたします。ありがとうございます。

約2万枚におよぶ研究カードはいまだ手つかずなうえに、澤田が購読していた雑誌と人脈、私家版の流通、戦地での民俗調査などなど、まだまだ興味はつきません。「研究の始まりとしてのパンフレット」という位置づけで、澤田四郎作研究パンフレットを頒布予定ですが、それを端緒として澤田を多角的に考察してもらえたらと思っています。

f:id:narastudies:20170616101342j:plain

帰途、ツイッターのフォロワーさんから教示いただいた古書店に立ちよりました。澤田四郎作著作があったとのことですが、なんと『ファルス・クルトゥス』が4冊、『ふるさと』、『性の表徴』がありました。

わたしは『ふるさと』を、同僚は『性の表徴』と奈良県吉野の郷土雑誌『吉野風土記』を購入。『ふるさと』にはなんと奈良女子高等師範学校教授の佐藤小吉宛の献呈署名がありました。

情報、ありがとうございました。

【もくじ】『五倍子遺歌集 面影』(昭和52)

澤田四郎作の妻である幸の編集発行。奥付は次のとおり。

昭和五十二年四月十五日印刷/昭和五十二年五月一日発行/五倍子遺歌集 面影/著者 澤田四郎作/発行者 澤田幸/発行所 大阪市西成区玉出東一−九−一四/印刷者 熱見稔

出版の経緯や本書の特徴は、幸による「はじめに」に次のようにある。

先日たま〳〵復員後に出版せられました「異国より帰りて」を読みその中の短歌に心引かれ読み返してゐるうちにこの短歌を集めて想い出のよすがにしたいとこの歌の出版を思い立ちました。短歌は大変好きな人で民俗学の傍ら歌集をよく読んでいましたが戦後自分の作歌らしいものはなく戦前のは聞かずにゐましたので戦争中から捕虜生活中のものばかりで一生通じて一番暗い灰色の苦しい生活の中から詠まれた歌ばかりでございます。

澤田は折口信夫釈迢空)とも親交があって、折口詠歌の色紙が澤田家と大阪大谷大学澤田文庫に遺っている。

澤田の作歌営為は、個人的な趣味嗜好というよりは、学問との関連において培われたものではなかろうか。その学問が民俗学に帰着するのか、それとももっと広い視野に立ってのことなのかは考察を要するが、人や土地や生活へのまなざしは、作歌の心性とパラレルにあるように思う。

かつてなら学研究会で講演された喜夛隆子や、喜夛が師事した前登志夫らに鑑みるに、この問題はもっと考究していく必要があるだろ。

なお本書口絵には、柳田の詠歌「みみずくの 林かくれの しのびねを わがにはとりの あざわらふこえ」を彫りつけた石碑写真が掲載されている。これがいまどこにあるのかは、知らない。

続きを読む

【もくじ】『沢田四郎作博士記念文集』(昭和47)

1972/昭和47年5月刊行(非売品)。編集は奥村隆彦・原泰根、代表は高谷重夫

本書「論叢」掲載の各論考は、『沢田四郎作博士記念 民俗学論叢』と共通する。

その前後について、本書「編集後記」にある、

この記念文集を手にして頂いて、特に追悼文、或は、論文をかいて頂いた方々には、その編集内容等に御不満を感ぜられる事と思う。編集子としても、決して之が最善とは思って居らないが、熟考の上、大きく追悼文と追悼論叢に分け、更に、前者は御遺族関係の手記を先にし、その次に各人方の追悼文を五十音順にのせさせて頂いた。又、後者も前者と同じく五十音順とし両方共原稿〆切後入手したものは、その次に到着順に掲載させて頂いた。この記念文集は、純然たる民俗学会の発行ではないということも考慮してある。(奥村隆彦記)

から推すに、本書の企画が先にあったようである。

発起人については『民俗学論叢』のページを参照いただきたい。 

続きを読む

「澤田四郎作年譜・著述等目録」の公開

平成28年奈良女子大学プロジェクト推進経費の成果報告のひとつとして、『澤田四郎作年譜・著述等目録』(ver.1)を公開いたします。

凡例にも記してありますように、今回は『五倍子執筆目録』の記述に基づいてデータを取りまとめたもので、実際の雑誌に就いての確認は今後の課題としてあります。確認できたものは反映ののちver.2〜として公開していく予定です。

下記よりダウンロードのうえ、ご利用ください。 

澤田四郎作年譜・著述等目録(ver1)